《話題の新通貨》 Initiative Q とは?

E93B1335-6B77-47D4-9AFD-F36F7B19EFF6.png


こんにちは、FAコパです。


今回は、最近界隈で話題になっている


「InitiativeQ」


というプロジェクトについて検証してみました^ ^


これは、「Q 」というデジタル通貨を普及させるためのプロジェクトなのですが、その普及方法や将来性が、非常に興味深いものだったので、私なりにできるだけわかりやすくお伝えしていこうと思います^ ^


まず、このQというデジタル通貨は、暗号通貨(仮装通貨)ではありません。


私は、暗号通貨の将来性を強く感じている者の一人ですが、このInitiativeQの公式サイトに書いてある説明を読む限り、もしそこに書いてあることが本当に実現したとしたら、


「もしかしたら暗号通貨は終わってしまうのではないか」


という可能性すら感じるものでした^ ^;


「ビットコインは発想は良かったけど、投機コインで終わったね」


となるかもしれないな、と笑


私はサイト内に書かれている説明は隅々まで読みましたが、その中でもFAQのところに暗号通貨との違いについて書かれているのですが、そこにも非常に納得できる説明が書かれておりましたので、まずはそのFAQをご覧ください↓


5A8E0D6F-A5AC-4A5B-A600-EB1FA4CB9618.jpg06A46594-C068-4210-BF0F-259FDE311F1F.jpg1EE41698-8605-4968-B815-D142141C08BD.jpgA93510A7-9A1D-4020-9BEA-E0BF36909F05.jpg6144CD9E-738C-4233-B775-497DB71E03D3.jpg0902D8EF-97EE-4C39-91AD-AF7F9C4D5287.jpg78639664-E680-4704-8E0C-50B1DB798AF8.jpg


いかがですか?^ ^


↑に書かれているのは、まず暗号通貨の様々な欠点が列挙されており、Qがそれらを解決できるという内容になりますが、↑を読んだだけでも一つ一つの意味がわかる人は、おそらく私と同じような感想をお持ちになられたのではないかとは思いますが、少し難しい表現もありますので、暗号通貨の欠点部分について、私なりの言葉で以下のようにまとめてみました↓


①暗号通貨はブロックチェーン自体のセキュリティは固いけど、詐欺や盗難リスクは既存の通貨よりも高くなるし、秘密鍵も複雑な上、保管方法なども個人の責任になる。

なので、結局既存の銀行にお金を預けているよりも資産保護が保証されない。


②暗号通貨には基本的に金融ポリシーがないため供給量を調整できないので、ボラティリティが安定しない。


③暗号通貨が本格的に普及するためには各国政府に認められることが必須だが、厳しい法律で普及を阻害される可能性が高い。


④暗号通貨を用いた決済システムは、銀行やクレジットカードのシムテムとは違い、トランザクションの削除ができないため、広く普及したときにはトランザクションを取り消せないことによるトラブルが多発する可能性が高い。


⑤暗号通貨はマイニングによるエネルギーの消費量が異常に高い上、トランザクションの処理能力はクレジットカードにも遠く及ばないレベル。


以上です。


詳しくはまだわからない点もありますが、Qが上記5点を本当に解決できる通貨であれば、暗号通貨が決済システムのメインになる未来は訪れないかもしれません。


それから、Qの普及方法についてですが、このやり方にも非常に感心できます。


Qが無料配布される権利を、アフィリエイトやMLM的な方法を使って普及活動をしているので、そういうもの自体が嫌いな方もおられるかとは思いますが、人に勧めたりするのが苦手な人でも無料登録だけで数十万円分の通貨をもらえる権利が得られますし、「もらえるものはもらっておけ」の精神でも何もリスクはありませんので、気軽に参入できます^ ^


もし誰かに紹介できれば、さらに多くもらえる権利が得られます。


なお、権利獲得には必ず誰かの紹介リンクを踏む必要がある上、その紹介リンクについても、影響力のある人が一人で大量の紹介を出すことができないよう、紹介できる人数に制限があります。


最初は5人まで紹介でき、それを達成すると次に10人紹介できるようになり、その次には15人紹介できるようになるので、合計30人までの制限ということになります。


その先は、自分の紹介した人がさらに紹介を出すとまたQをもらえる権利が増えますが、こちらも120人までが限界なのと、孫(紹介の紹介)の紹介からは何も獲得できないので、無限に利益が連鎖していくような、「うまい話」とも違うことがわかると思います。


通常のMLMなどと違って、参加者からのお金の徴収も一切ありませんので、ポンジスキームになる心配もないですね^ ^


これを踏まえた上で、以下の要素に私は特に納得いたしました↓


①十分に無料配布できたタイミングで、

1ドル=1Q固定

にて販売を開始。


②外部に設けた金融委員会が金融ポリシーを制定し、金融委員会からしか通貨の購入ができない。


③販売者には、Qのみの決済方法を選択すると決めた者にしか通貨を売らない。


上記のことから、取引所などに上場して個人間での売買ができるようにはしないのだと思われます。


そうすることにより、確かにボラティリティの安定が維持できますし、1ドル=1Qを維持することが可能なことにも頷けますね。


Qはおそらく、銀行に預けられたり、給料の支払いや受け取りなどもできる電子マネーのようなイメージなんだと思います。



以上、興味のある方は、誰かに紹介リンクをもらって、簡単なアカウント登録さえすれば、無料配布の権利を獲得できますので、お早めにどうぞ^ ^


アカウント登録は、単にGoogleやFacebook、TwitterなどのIDでログインするだけでも完了します。


Androidのスマホをお使いの方なら全員GoogleIDをお持ちのはずですしね^ ^


数秒に1ドルずつ獲得できる権利が減っていきますので、悔いのない行動を取りましょう。


InitiativeQ公式サイト↓

http://www.initiativeq.com/

※紹介リンクではないので、これからご登録の方は、誰かから招待を受けましょう

この記事へのコメント

記事の内容にご納得いただけましたら、
応援クリックよろしくお願いします↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

人気記事

最近の記事

《FA宣言クラブ公式LINE@》
FAコパVALUの優待LINEグループ
にて行っている、
BTCのシグナル配信やテクニカル解説の
バックナンバーを配信しております♪
その他スキャム情報や有益な情報など、
↓↓↓を友達追加で完全無料配信しています!
line@バナー.png