【Segwit実装目前】 BTC と BCH の関係性と今後の展望(チャート分析有り)

※Google検索やTwitterなどから来ると、なぜか画像やリンクが無効になっていることがあるので、↑のブログタイトルを押して一度トップページに行ってから、この記事をご覧くださいm(_ _)m
BCBF6F52-0E55-483D-AA7A-11784B5605E5.jpg


こんにちは、FAコパです。

先週はBCH(ビットコインキャッシュ・BCCとも)が爆上げしましたね^ ^

BTCのハードフォーク前に書いた記事で、私はBCHを激推しすると言いましたが、私の意見に乗ってくれた方はとりあえずおめでとうございます♪

いよいよ今週にも(24日予定?)BTCのSegwit(セグウィット)がアクティベートされようとしていますが、それによってBTCの価格は上がるのか、BCHはどうなるか、ということが気になっている方も多いと思いますので、BTCとBCHの関係性と今後の展望について、私なりの見解をざっくり解説していきたいと思います^ ^

まず、BTCとBCHの関係は、元々は同じものだったわけなので、基本的にマイナーもユーザーもほぼ同じ属性の人達だと言うことが言えます。

ですから、BCHのマイナーが増えたらBTCのマイナーが減り、BCHのユーザーが増えたらBTCのユーザーが減る、という関係になっています。

もちろん、両方マイニングしてるマイナーや両方持っているユーザーもいますが、統計的にはそうなるはずです。

なので、BCHが上がり続ければBTCは下がり続ける可能性が高いのです。

BTCについては、セグウィットがアクティベートされた場合、これを好材料と受け止めるユーザーが多ければBTC上昇の可能性もありますが、マイナーからしてみれば今までより報酬が減る形になるはずなので、動き時だと判断するマイナーが現れてもおかしくないと思います。

もしそのようなマイナーが増えれば当然ハッシュパワーが落ち、結局トランザクションの処理速度も落ち、再びスケーラビリティ問題を抱える可能性がでてくるので、当然ユーザーも離れていき、暴落となるシナリオも想定されるわけです。

BTCとBCHは基本は同じと言いましたが、将来的なポテンシャルには現時点では明確な違いがあります。

BTCはセグウィットにより容量圧縮された後、11月頃のセグウィット2xによって2MBまで拡張される予定です。(その際に再びハードフォークするので波乱含み)

ですが、BCHは8MBまで拡張できるポテンシャルをすでに持っています。

今はマイニングの速度や報酬において、BTCの方が旨味のある状態ですが、もしマイナーやユーザーが大量に移動することになれば、あっという間に損益分岐点を迎え、逆転も、ということも想像し難い未来ではないということになります。

私としては、セグウィット実装後、もしくはセグウィット2x実装後あたりのタイミングで、ビットメインを含む中国勢がもしかしたらBTCを裏切る可能性もありえると思ってますし、むしろその方が自然なシナリオだと思っています。

同じ仕組みのものが2つ共存する意味はないので、どちらかが生き残り、どちらかが生き残らない可能性はあります。

ブロックチェーンの利用や決済サービスなどには、生き残った方が本物のビットコインとして扱われるようになると思っています。

将来的に共存する可能性もありますが、その為にはどちらかが明確な違いを打ち出していくか、マージマイニング頼みで、どちらかのコピーであり続けるか、という選択を迫られることになるでしょう。

ちなみに、エリオット波動理論というチャート分析的には、BTCは大きな下降期を迎える可能性があります↓

CCCB1FD1-DFC0-474B-9A63-B113BA5C2AF2.png
CD607CDD-4F57-4040-BD5D-FDD61D184A23.jpg

エリオット波動理論について、詳しくはまた別の記事で解説していきたいと思いますが、簡単に言うと、上昇トレンドが続くとしても、途中で一旦大きめな下落が入るという法則になります。

上昇が5波続くと下降が3波入るということになるのですが、↑はBTCの長期チャートですが、①〜⑤が、上昇5波に見えますので、ここから下降3波の部分に差し掛かるか、というように想定することができます。

しかも、今回の5波の上昇率が、今までの上昇ダウ成立からの上昇よりもかなり急激な角度になっていますので、このような形のときには、利確勢による下落と重なり、かなり急激な下落になることが多いものです。

なので、エリオット波動理論と組み合わせて考えると、このあたりから、長期的な下落の可能性があると分析することができます。

ただ、ファンダメンタルズ要素的には、先ほども言った通り、セグウィット実装を好意的に受け止めるユーザーも多くいるはずなので、私としては、セグウィット実装後、ユーザーによる上昇が一旦発生し、マイナー流出によって暴落する、というシナリオが一番しっくりくるかな、と思っております。

また、BCHの方は、歴史が浅過ぎてチャート分析が困難なのですが、短期的に見ると上がり過ぎ感があるので、こちらも利確勢による一服があると考えられます。

なので、短期的にはBTCが上げBCHが下がり、長期的には逆転も、という分析になります。

まぁいつも言っていることですが、相場に絶対はありませんので、あくまでも参考程度に受け止めておいていただければ幸いです♪

今回は以上です^ ^

この記事へのコメント

記事の内容にご納得いただけましたら、
応援クリックよろしくお願いします↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

人気記事

最近の記事

仮想通貨の無料シグナル配信やってます!
LINE@メンバー限定にて、
FA宣言クラブ情報共有グループ
というLINEグループにもご参加いただけます♪
その他、仮想通貨の最先端情報や、
ブログでは書けないスーパー裏情報など、
↓↓↓のLINE@で配信しています!
line@バナー.png