【NEM 爆上げの要因!?COMSAとは】

※Google検索やTwitterなどから来ると、なぜか画像やリンクが無効になっていることがあるので、↑のブログタイトルを押して一度トップページに行ってから、この記事をご覧くださいm(_ _)m
A42881AF-F4E7-4527-9E4F-3A77C47FC2D6.png

NEM(XEM)が大爆発してますね^ ^

約1日で、なんと18円台から27円台まで爆上げしてます。

完全にRipple(XRP)と逆転し、今もどんどん突き放していってます^ ^;

この爆上げの要因の一つと見られているのが、NEMと深い関係のある、「COMSA」というICOプラットフォームの発表のようなのです。

このCOMSAについて、私も全く知らなかったので、ざっと調べてみたところ、とんでもなく将来性のあるものだということがわかりました!

その詳細をまとめているブログなどもすでに複数立ち上がっているので、ここでは素人でもわかるように、なるべく専門用語は避けて、大事なポイントだけをわかりやすくまとめていきたいと思います。

まず、そもそもICOって何?という人もおられることと思うので、そこから簡単に説明していきます。

ICOというのは、簡単にいうと、仮想通貨取引所に上場する前のコイン(トークン)のことで、未公開株のようなものです。

それを、発行主が資金調達の為にプレセールするわけです。

しかし、上場前コインが全てICOなわけではなく、ICOと言う為には様々な条件をクリアする必要があるので、いかがわしい上場前コインではないかどうかを判断する為にも、それがICOなのかどうかということが、一つのポイントになるのです。

今回のCOMSAは、そのICOを今までよりも簡単に発行できるようにするための、革新的なプラットフォームということで、世の注目を集めているのです。

そして、このプラットフォームの性質上に、NEMが深く関係しているので、COMSAの利用者が増えていくことにより、NEMの需要も上がることになるため、今回の爆上げに繋がったというわけです。

ちなみに、「COMSA」のネーミングの由来は、日本語の「塊(こん)」と「鎖(さ)」を組み合わせた、「ブロックチェーン」に由来する造語なのだそうです。

実は、日本の仮想通貨取引所の「Zaif」の運営会社である、「テックビューロ株式会社」が、COMSAの運営主体なのです。

その為、COMSAによって開発されたICOは、Zaifでの上場が約束されます。

すでに、このCOMSAを利用したICOを発表している企業が2つあります。

一つは、株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)

という上場企業、

もう一つは、株式会社CAMPFIRE

という、日本最大のクラウドファンディングサービスを提供している企業になります。

さらに、上記二つのICO案件よりも先駆けて、COMSA自体のICOのプレセール(トークンセール)が、10月にも開始されます。

現在、このトークンセールを宣伝する為のアフィリエイトを受け付けており、↓のリンクから無料登録すると、すぐに紹介用URLが生成されますので、この機会にぜひ宣伝しまくってみましょう^ ^

この記事へのコメント

記事の内容にご納得いただけましたら、
応援クリックよろしくお願いします↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

人気記事

最近の記事

仮想通貨の無料シグナル配信やってます!
LINE@メンバー限定にて、
FA宣言クラブ情報共有グループ
というLINEグループにもご参加いただけます♪
その他、仮想通貨の最先端情報や、
ブログでは書けないスーパー裏情報など、
↓↓↓のLINE@で配信しています!
line@バナー.png