【FX】レバレッジは高ければ高いほど安全!?今回は超有料級ノウハウ大公開!

レバレッジ.jpg

こんにちは、FAコパです。

今回は「レバレッジの真実」と、「超有料級」

の「FA宣言クラブオリジナル資金管理術」を

なんと「無料」で大公開してしまおうと

思っておりますので、少し長いですが、

最後までしっかりついてきてくださいね^^

さてみなさん、レバレッジのこと、ちゃんと

わかっていますか⁉︎わかっているつもりでも、

本当の意味で理解できていない人が実は非常に

多いのです。

「ハイレバレッジは危険」

などと言うフレーズがよく出てくると思います

が、このイメージを持っている人が実際非常に

多いのです。あなたもそう思っていませんか?

みなさん、よく聞いてください。

実は、これは大きな間違いです。

正確にいうと、危険な扱い方もできてしまうが、

正しく扱えば、

「レバレッジは高ければ高いほど安全」

ということになるのです。

どういうことかは後でキチンと説明しますが、

そもそも、なぜ危険なイメージが浸透して

しまっているのでしょう。

よく、レバレッジを説明するときの例として、

「例えばレバレッジ100倍だと、1万円あれば

100万円分のトレードができてしまう」

というような表現をすることがありますが、

見たことありますよね?^^;

ほとんどの人のレバレッジのイメージは

この表現のイメージだと思います。

確かにこの表現だと1万円しか持っていないのに

100万円分のトレードなんかしたらとんでもない

ことになってしまいそうな感じ、しますよね?

しかし、この表現こそ間違いの元凶なのです。

レバレッジを正しく表現するとすれば、

「レバレッジ100倍なら証拠金が100分の1で

済むから強制ロスカットのリスクが減る」

ということになります。

勘のいい人ならこの表現だけでわかると思い

ますが、これについても後で詳しく解説

いたしますね^^

レバレッジは、ハイレバレッジなことが

危険なのではなく、ハイレバレッジで大きな

トレードをしてしまう資金管理に問題ある

わけで、ハイレバレッジにしつつ小さな

トレードができれば、ローレバレッジよりも

むしろ安全なものなのだということを、

皆あまりわかっていないのです。

「そう言われても資金管理が難しいんだよ」

と言われそうですが、安心してください^^

この記事を最後まで読んでいただければ

きっとあなたは、資金管理に悩まされることは

あまりなくなるでしょう^^なぜなら、

レバレッジの仕組みを理解することこそ、

資金管理において非常に重要な要素だからです。

資金管理はただの精神論では解決されません。

なぜ資金管理ができないのか、どのような根拠で

この資金に対してこの掛け金なのか、ということ

の仕組みを知ることができなければ本当の解決

にはなりません。そして今日、レバレッジの真実

を知ることができるということは、あなたの

資金管理を強固なものにする大きな一歩と

なることでしょう。

ちなみに、ローレバレッジを選ぶということが

どういうことかと言うと、

「自分では資金管理できないから管理費を

払ってFX会社に管理してもらう」

というようなことになります。

ですから、ハイレバレッジに危険なイメージが

浸透してくれていると、国内FX業者はとても

喜びますね。なぜなら、国内FX業者は日本の

法規制によって最大25倍のレバレッジまで

しか提供できないからです。海外FX業者なら、

なんと最大で3000倍の業者なんかもあり、

ハイレバレッジは当たり前の状況です。

ですから、「レバレッジが高ければ高

いほど安全」という認識の方が浸透して

しまうと、海外FX業者にはとても対抗

できなくなってしまうのです。

試しに、国内FX業者にハイレバレッジについて

どう思うか聞いてみると、恐らく皆口を揃えて

「危険です」と言うでしょう^^;

もちろんこの法律を作った日本政府にも責任が

あるので、国内FX業者にも気の毒な部分は

あるとは思いますが、これ以上間違った

イメージが広がらないよう、みなさんには

正しい知識を持っていただきたいと思います。

自称プロトレーダーの人や、

FXセミナー講師、高額教材などでさえも、

ほとんど、レバレッジは低い方が安全的な

前提の教育をしています。

おそらく彼らもわかっていないのでしょう。

ですから、今日の記事で私の言っていることを

理解していただけましたら、今後そういう方々に

お金を出すか迷われた際には、是非レバレッジの

ことをわかっているか試してやってください^^

話しは少しそれましたが、本題に入ります。

レバレッジは高ければ高いほど安全というのは

どういうことか、ということについてです。

それを解説するためには、まず強制ロスカット

について理解していただく必要があります。

みなさん、強制ロスカットはわかりますか?

業者によって基準は様々ですが、海外FX業者の

場合、証拠金維持率20〜30%、国内FX業者の

場合、証拠金維持率50%〜100%を下回ったら

強制的に損切り決済しますよ、

というルールのことです。

もちろん例外もあると思いますが、だいたい

平均的な数値だと思います。

この強制ロスカットリスクを考えることが、

資金管理には非常に重要な要素になります。

それから、証拠金についても簡単に説明して

おきますね^ ^

例えば下記の条件だとした場合、

レバレッジ1倍
通貨ペアUSD/JPY(ドル対円)
為替レート
1ドル100円
(1通貨100円)
取引単位
1ロット(lot)
海外では通常、
 1ロット10万通貨、
 国内では1万通貨
 の場合が多いが、
 ここでは1万通貨
 とする
資金200万円

この条件で1ロットのトレードをする為には、

1ドル100円×1万通貨=100万円の証拠金が

必要になります。そして、強制ロスカットが

証拠金維持率100%以下の場合、

口座の残高(厳密には有効証拠金)が

100万円を切った時点で強制ロスカットに

なります。証拠金維持率20%以下の場合なら、

20万円を切るまでは強制ロスカットには

ならないということです。

強制ロスカットの時点で残る金額は100%の方が

多いので、一見その方が安全とも言えるように

感じる方もいるかもしれませんが、相場の状況

を無視した時点での損切りが発生しては、

テクニカル分析などできませんので、

それこそギャンブルトレードになって

しまいます。わかりますよね?^^

ではこれを踏まえた上で、レバレッジが10倍

場合と100倍の場合を比較してみましょう。


レバレッジ10倍だと、

・必要証拠金→100万円÷10=10万円

・強制ロスカット100%以下の場合

    →口座残高10万円以下でロスカット

・強制ロスカット20%以下の場合

   → 口座残高2万円以下でロスカット


レバレッジ100倍だと、

必要証拠金→100万円÷100=1万円

・強制ロスカット100%以下の場合

    →口座残高1万円以下でロスカット

・強制ロスカット20%以下の場合

    →口座残高2000円以下でロスカット


ということになります。

わかりますか⁉︎ちょっとごちゃごちゃして

わかりづらいですかね^^

もっとわかりやすくまとめると、


・レバレッジ10倍で強制ロスカット100%の場合

必要証拠金→10万円

強制ロスカット→10万円

資金200万円に対するロスカットリスク→5%


・レバレッジ100倍で強制ロスカット20%の場合

必要証拠金→1万円

強制ロスカット→2000円

資金200万円に対するロスカットリスク→0.1%


これでどうですか⁉︎

なんとなくわかりますよね⁉︎^ ^;

まあ、途中のごちゃごちゃした計算は無視して

もらって大丈夫ですが、

大事なのは、自分の資金に対する

「強制ロスカットリスク」

なのです。つまり、

「同資金、同ロットでトレードした場合、

レバレッジは高ければ高いほど安全」

ということです。大丈夫ですね?^^

ですから国内FX業者の場合、レバレッジが

低い上に、強制ロスカットの設定が高い

という、トレーダー泣かせの設定になっている

のですが、ロット数が強制的に抑えられるので、

「自分では資金管理できないから管理費を

払ってFX会社に管理してもらう」

という表現をしたのです。実際に管理費

という名目で払うわけではないですけどね^^

さて、この原理原則を理解しただけでもかなり

資金管理能力が上がったことだとは思いますが、

今回はさらに、FA宣言クラブの推奨基準

お伝えしておきますね^^

よく、海外口座の教材などでは、

資金10万円なら一口1万通貨、100万円なら

一口10万通貨などと表現していますが、

レバレッジや強制ロスカットリスクによって

も状況が全然違いますし、複数発注することも

あれば、一点勝負しかしない、という人も

いるかと思いますので、

FA宣言クラブでは、

400倍以上のハイレバレッジ口座を前提に、

口座残高10万円なら「合計」2万通貨まで、

100万円なら「合計」20万通貨まで

を推奨させていただきます。

円建て口座の場合、

口座残高(有効証拠金)×0.2通貨の比率ですね。

EA(自動売買ソフト)を使う場合も同じです。

同時にどれくらい発注してしまうかの特性を

デモ口座などでしっかり見極めてから枚数

設定をするようにしてください。

ちなみに、国内FX口座で口座残高10万円で

2万通貨をトレードした場合、最大レバレッジ

の25倍で強制ロスカットが100%以下だと

すると、8万円を切ると強制ロスカットに

なってしまう計算になります^^;

強制ロスカットリスク80%です

海外口座でレバレッジ400倍、強制ロスカット

20%以下であれば、なんと1000円切るまで

強制ロスカットにはなりません。

強制ロスカットリスク1%です

わかりますね?^^ これが、

「FA宣言クラブオリジナル資金管理術」

です。こんなこと、お金払っても誰も教えて

くれないですよ?ネットサーフィンしてみても

惜しいことを書いている人はいても、

正確にわかっている人はほとんどいませんし、

的を得た資金管理術を指導しているような人は

どこにもいないです。世の中に出回っている

情報が正しいとは限らないということですね^^

かなり長くなってしまいましたが、

今回は以上です。

ではまた次回を楽しみにしていてくださいね^^


この記事へのコメント

  • 騎士隆

    面白い 同じ種のお話しをしてる方は 2人目です(^^)
    2017年05月07日 01:53
  • FAコパ

    コメントありがとうございます!
    ハイレバレッジが危険と認識なさっている方があまりにも多いですよね^ ^;

    >騎士隆さん
    >
    >面白い 同じ種のお話しをしてる方は 2人目です(^^)
    2017年05月07日 15:14
  • 棚川晴夫

    こんばんは、いつも読ませていただいてます。今回また読み返しています。
    改めて決心したことがあります。FAになることです。
    海外口座ブログの通り開設してみます。
    何度か国内業者でFXやっていましたが、うまく行きませんでした。
    お忙しいところお会いする事はできないでしょうか?
    宜しくお願い致します。
    2017年10月02日 22:41

この記事へのトラックバック

記事の内容にご納得いただけましたら、
応援クリックよろしくお願いします↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

人気記事

最近の記事

仮想通貨の無料シグナル配信やってます!
LINE@メンバー限定にて、
FA宣言クラブ情報共有グループ
というLINEグループにもご参加いただけます♪
その他、仮想通貨の最先端情報や、
ブログでは書けないスーパー裏情報など、
↓↓↓のLINE@で配信しています!
line@バナー.png